事務局長 新任の挨拶

事務局長 田中千雄
事務局長 田中千雄(ユキオ)

 本年4月1日付けをもちまして、兵庫県シルバー人材センター協会事務局長に就任いたしました田中千雄でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 兵庫県内の各シルバー人材センターは、昭和50年の創成期にいち早く設立された歴史とこれまでの輝かしい実績により全国的にも高く評価されているところです。各センターの会員の皆様はもとより、役員並びに職員等関係者の皆様が築き上げてこられました実績と県民からの信頼を踏まえ、兵庫県のシルバー人材センターのさらなる発展のために微力を尽くしてまいりたいと存じますので、皆様方のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

 2014年は「団塊の世代」(昭和22年~24年に出生した世代)がすべて65歳以上となる、ある意味、エポックメーキングな年でした。そして、2015年、「団塊の世代」が労働の舞台から退出しつつあり、高齢者の仲間入りをしたとはいっても現役時代の知識経験を活かすことができ、まだまだ活躍を希望される元気で意欲的な方々が多くおられます。国、地方を問わず、こうした人々をスムーズに受け入れ、かつ、意欲を持って活躍できる環境を整備し、高齢者の就業と生きがいづくりの機会を提供することがますます重要となっています。

 とりわけ、その役割を果たすことが最も期待されるシルバー人材センターとしては、超高齢化が進行するなか、地域社会、すなわち、身近なところでの新たな就業ニーズへの対応や、団塊の世代などの高齢者の受け入れに的確に取り組んでいく必要があります。

さらには、就業先・高齢者双方のニーズに応じた職種、就業先の確保をはじめ、従来にもまして、シルバー人材センターの認知度の向上、イメージの転換を含めて、幅広い対応が求められています。

 兵庫県シルバー人材センター協会は、今後とも、各センターと緊密な意思疎通を図り、こうした課題を乗り越えて、皆様とともに事業の推進に取り組んでまいる所存でありますので、各シルバー人材センターの皆様方には、さらなるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 
安全・適正就業の取組み

平成26年度の県下での事故発生状況

 兵シ協では「安全はすべてに優先する」という認識のもと、平成26年度は「事故ゼロ運動」を強化して実施するなど、積極的に安全就業に対する意識の向上と事故防止を各センターに呼び掛けてまいりました。平成26年度における県下のシルバー人材センターの事故件数(速報値)は、就業中の事故が19件、就業途上の事故が9件の合計28件と、昨年より減少しております。

 しかしながら、平成26年10月に、男性会員が就業場所から自動車で帰宅途中に交通事故により死亡するという重篤事故が発生しました。

 事故の状況を見ますと、転倒による事故が多く、ちょっとした不注意や気の緩みが事故に繋がる傾向にあるので、作業中及び就業途上は、安全確認に細心の注意を払うように心掛けていただきたいと思います。

 「事故ゼロ運動」については、今年度も引き続き、強化して実施していきますので、各センターの職員及び会員におかれましては、ご協力をお願いします。

県下センターの過去5年間における事故発生状況

年度 就業中 就業途上 事故総数
件数 うち重篤 件数 うち重篤 件数 うち重篤
平成22年度 37 1 13 2 50 3
平成23年度 29 1 15 0 44 1
平成24年度 27 2 10 0 37 2

平成25年度

28 1 6 0 34 1

平成26年度

19 0 9
1 28 1
注1)事故件数については、10日以上の入院及び死亡について集計しています。
注2)重篤事故とは6カ月以上の入院もしくは死亡の場合をいいます。

安全就業における基本事項の徹底と会員の健康管理について

 各センターにおいて、安全対策における基本的事項の徹底と会員の健康管理については、安全就業を進める上で、最重要事項であると考えます。兵シ協では、安全対策における基本的事項の再徹底と、各センターにおける会員の健康管理体制を充実させるための指針を出しております。

 具体的な内容については、各センターに通知(平成24年度)しておりますので、内容を十分にご理解いただき、事故の撲滅に向けて取り組んでいただきますようお願いいたします。

各センターにおいて実施していただく会員の健康管理

 (1)就業前後のミーティングの実施
    ①作業前のミーティング
    ・会員の体調確認
    ・作業内容・現場確認の充実
    ・作業現場周囲の環境確認(要注意場所等)
    ・使用用具及び装備等の確認
    ②作業後のミーティング
    ・会員の体調確認
    ・作業の進捗状況確認
    ・発注者の評価等確認
    ・今後の就業及び作業確認

 (2)チェック表等による会員の健康状態の把握

 
就業開拓推進事業の平成26年度実施結果と平成27年度事業の概要・計画

平成26年度実施結果

 平成26年度事業として平成26年4月より、県内15センターに16名と兵シ協に2名の就業開拓員、2名の企画運営員の計20名を配置して、シルバー人材センターのPR事業や高齢者の就業機会創出を図るための研修会を兵庫県内各地で開催いたしました。

 

  1. PR事業ではシルバーフェスティバルをJR神戸駅前のデュオこうべで開催し、県内各地のシルバー人材センターの展示即売に加えて各種イベントの開催等、約10000人を超える来場者があり、盛況のうちに終了する事ができシルバー人材センターのイメージアップに寄与できたものと考えています。
豊岡市コーラスサークル
豊岡市コーラスサークル
会員によるファッションショー
会員によるファッションショー

  1. また研修会では一般の方を対象に高齢者生活サポート、子育て支援を中心に県内10地域で各地域のニーズに応じた研修を行い、新たに各シルバー人材センターに多くの方が新規会員登録をされました。
救急救命訓練
救急救命訓練
おもちゃ作り
おもちゃ作り
調理実習
調理実習
おもちゃ完成
おもちゃ完成

  1. 就業開拓については、平成26年度の就業機会創出目標である400件を大きく上回る700件近くの成果をあげる事が出来ました。

平成27年度事業の概要・計画

 平成27年度はまた目標を新たに、新規に就業開拓員が県内12センターに各1名、兵シ協に3名と計15名が配置され、これまでの成果を更に発展する様に業務を開始した所です。

  1. 平成27年度のシルバーフェスティバルについては装いも新たに現在、計画中ですので詳細につきましては決まり次第、お知らせいたします。
  2. また新分野の研修につきましても兵庫県内各地での開催を予定しています。
ブロック 実施センター 研修内容 実施時期
(計画)
募集人員
阪神 神戸市SC 高齢者生活サポート 8~9月 25~30名
  尼崎市SC 高齢者生活サポート 11~12月 25~30名
  芦屋市SC 高齢者生活サポート 9~10月 25~30名
東播 明石市SC 子育て支援 10~11月 25~30名
  加西市SC 子育て支援サービス 9~10月 25~30名
西播 姫路市SC 高齢者生活サポート 11~12月 25~30名
但・丹 朝来市SC 高齢者生活サポート 11月 25~30名
  1. 今後も高齢者の『自主・自立、共働・共助』というシルバー人材センターの理念の実現に向けて積極的な活動を皆様のご協力、ご理解のもと進めていく予定です。

 

 各地域でシルバー人材センターの各種イベント等が開催される際には、皆様のご参加を心待ちにしていますので、お気軽に会場にお越し下さいます様お願い申し上げます。

 
シニアワークプログラム地域事業

 シニアワークプログラム地域事業では、高年齢者が長年培った経験・知識を生かし、意欲と能力に応じた労働力を通じて、福祉の受け手から社会を支える側に回れる様、その実現に向け、地域及び企業のニーズに沿った高年齢者向け技能講習を充実させます。そして、ハローワークとの連携し、地域の事業主団体等の参画・協力のもとに、55歳以上の高年齢求職者を対象に、キャリア・コンサルティングの手法も活かし、地域・産業別の労働力に対応した技能講習及び就職面接会を一体的に実施して、高年齢者に対して就職の支援を行うものです。

生涯現役社会実現

平成26年度・実施結果

 講習修了者の7割が職に就かれました!

 技能講習 54回実施、講習修了者数 950名、雇用就業者数 658名、雇用・就業率 69.1%

平成27年度、シニアワークプログラム地域事業の概要

技能講習・開催地区 

 
高齢者活躍人材育成事業

 高齢者活躍人材育成事業とは、地域の高年齢者がシルバー派遣就業を行うにあたり、必要な知識及び技能を付与することを目的とした技能講習を企画・運営し、人手不足の分野にて、一人でも多くの高年齢者の活躍の場を確保し、臨時的かつ短期的な就業または軽易な業務に係る就業を支援するものです。平成27年度は、兵庫県下29回の技能講習を企画し、60歳以上で就業を希望する方に受けて頂き、シルバー人材センターの会員として、様々な事業所に派遣され活躍される機会を創出することを目的として推進していきます。

  • 技能講習の回数   ⇒ 29回
  • 技能講習時間数合計 ⇒ 744時間
  • 技能講習定員数合計 ⇒ 580人
  • 技能講習開催期間  ⇒ 平成27年7月~平成28年12月
講習(案) 開催地(予定)
子育て支援 神戸市、伊丹市、明石市
店舗スタッフ 神戸市、尼崎市、姫路市、三木市
ハウスクリーニング 神戸市、西宮市、相生市、福崎町
調理補助(クッキングサポート) 尼崎市、加古川市、川西市、西脇市
介護補助 神戸市、宝塚市、赤穂市、姫路市、加古川市、丹波市、洲本市
工場倉庫内軽作業 神戸市、三田市、尼崎市
事務補助 神戸市
送迎ドライバー 神戸市、芦屋市、豊岡市

兵シ協・事業課の職員紹介

 高齢者活躍人材育成事業を各センターの皆様から協力して頂きながら推進していきます。よろしくお願い致します。

峰 広幸

(前列中央・事業課課長)

山下 克己

(前列右・技能講習企画運営担当)

中村 泰久

(前列左・技能講習企画運営担当)

神代 光高

(後列右・技能講習企画運営担当)

大西 信子

(後列左・事業課経理庶務担当)

仁井名 太

(後列中央・技能講習企画運営、広報担当)


 
「シルバーブランド きらら」活動報告

「きらら」の幼稚園グッズ予約販売開始


 3月19日三田市内の幼稚園で、発注を受けていた入園グッズの引き渡しを行いました。

 保護者の方々からは、「かわいい~」、「すご~い!」の声があがり、次回の受け渡し時には製作された会員さんたちも一緒に幼稚園に行って、生の声を聴いていただこうと思いました。


 今年度は、更に予約販売を拡大し、それぞれの地域の幼稚園等での予約販売をその地域のシルバー人材センターが受けることができれば、子育て支援にも繋がるのではないでしょうか。

 研修会も盛りだくさんに計画していこうと思いますので、各センターで参加したいグループがあれば兵シ協までお問い合わせ下さい。


 
編集後記

 今年も兵シ協事務所の近くの桜が満開になりました。桜は同じ所に同じ季節に変わらず咲きますが、社会や人は毎年何らか変化しています。

 兵シ協では、玉井専務、昨年度の就業開拓事業の3人(舛森、山中、加茂)と事業課の宮本が退職し、田中事務局長と今年度の就業開拓事業の3人(加藤、雨宮、島脇)が新たな仲間となりました。

 また、昨年から開始したネットショッピングに豊岡市シルバー人材センターが参加しました。良い商品ですので是非御覧ください。

 楽天 ヤフーショッピング Amazon ※商品は全て同じものです。

 ネットショッピングに参加希望のセンターがございましたら、細川までご連絡下さい。

 広報については、昨年10月に家庭向け就業開拓チラシと新規会員獲得チラシ、今年に入って、法人向け就業開拓パンフレット、派遣事業パンフレットの4種類を新たに製作し、希望されたセンターに送付しました。

 

家庭向け就業開拓チラシ
家庭向け就業開拓チラシ
新規会員獲得チラシ
新規会員獲得チラシ

法人向け就業開拓パンフレット
法人向け就業開拓パンフレット
派遣事業パンフレット
派遣事業パンフレット

兵シ協だよりH27年春号
印刷される場合は、このファイルをお使い下さい。
兵シ協だよりH27春号.pdf
PDFファイル 734.1 KB

発行日:平成27年4月24日  発行:公益社団法人兵庫県シルバー人材センター協会

事務局住所:650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通 5-7-18 TEL:078-371-8012

copyright(c) HYOGO SILVER HUMAN RESOURCES CENTER ASSOCIATION All Rights Reserved.