会長 中嶋千萬城

会長あいさつ

会長 中嶋 千萬城(なかしま ちまき)

 

 去る6月12日に開催された当協会の総会及び理事会で会長に選任されましたので、ご挨拶を申し上げます。

 私とシルバー人材センターとの関係につきましては、尼崎市の担当局長として、同市のセンター設立に直接関わった35年前に遡ります。そして現在は、そのセンターの理事長として13年目に入るのですが、気持ちを新たにいたしまして、当協会並びに県下全センターの発展のため頑張ってまいる所存でございます。皆様方には、よろしくご指導・ご鞭撻の程お願いいたします。

 さて、平成26年度の県下34センターの事業実績ですが、会員数は2年連続で若干減少しておりますものの、受注件数、契約金額、就業延人員等において前年度を上回っています。これも、各センターの不断の努力と関係各位のご協力の賜物と、心から敬意と感謝を表する次第です。

 ところで、団塊の世代がすべて65歳以上となり、国の平成26年9月15日現在の人口推計では、総人口に占める65歳以上人口の比率(高齢化率)が25.9%に達しておりますが、高齢者の中にはまだまだ元気で活躍を希望される方が多数おられることもご承知の通りです。従って、そうした方々を受け入れる環境を整え、高齢者に就業と生き甲斐づくりの機会を提供することが、今後ますます重要となってまいります。

 現在、国会では労働者派遣法が改正され、厚生労働省でも、派遣事業に対する補助金のウエートを高めつつあるほか、シルバー人材センターの機能強化等についても検討を深めているところです。

 シルバー人材センターとしましても、このような動きに十分留意しつつ、地域と連携し、高齢者の就業ニーズの変化や多様化にもうまく対応していくことが求められています。

 シルバー人材センターを取り巻く環境は大変厳しく、課題も山積しておりますが、新役員一同、力を合わせて協会の運営と事業の推進に取り組んで参りますので、皆様方には、一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

平成27~28年度公益社団法人兵庫県シルバー人材センター協会 新役員のご紹介

 平成27年6月12日(金)、兵庫県民会館11階パルテホールにおいて、平成27年度定時総会を開催しました。

 そのなかで、「平成27年~28年度の役員選任」についての議案が上程され、議案通り承認されました。また、総会終結後ただちに理事会が開催され、新たに正副会長・専務理事が互選されました。

 そして、新役員を代表して、中嶋千萬城新会長より、この2年間、新体制のもと、役員一同、一致団結して協会運営にあたりたいとの決意表明がありました。

上記写真、左より順に
理事 山本 肇 (公社)相生・上郡広域シルバー人材センター
理事 井髙 孝一 (公社)淡路市シルバー人材センター
理事 清水 久司 (公社)南あわじ市シルバー人材センター
理事 山村 昇 (公社)芦屋市シルバー人材センター
理事 河井 正和 (公財)神戸いきいき勤労財団 神戸市シルバー人材センター
副会長 糴川 惠司 (公社)姫路市シルバー人材センター
会長 中嶋 千萬城 (公社)尼崎市シルバー人材センター
副会長 寺山 陽三 (一社)明石市シルバー人材センター
専務理事 田中 千雄 (公社)兵庫県シルバー人材センター協会
理事 澤田 勉 (公社)朝来市シルバー人材センター
監事 名和 康正 (公社)西宮市シルバー人材センター
監事 高見 登志男 (公社)加西市シルバー人材センター
[当日欠席理事]
理事 小松 義定 (公社)豊岡市シルバー人材センター

安全・適正就業の取組み

平成26年度の県下での事故発生状況

 兵シ協では、「安全はすべてに優先する」という意識のもと、平成26年度は、各センターとともに「事故ゼロ運動」を強化して実施し、安全に対する意識の向上と事故防止に努めてまいりました。

 その甲斐もありまして、平成26年度における県下のシルバー人材センターにおける事故件数は、就業中の事故が19件、就業途上の事故が10件の合計29件と、前年度の事故件数より6件減少しました。

 しかしながら、1件の重篤事故が発生し、誠に痛ましい限りです。

 当委員会としましては、平成27年度も引き続き重篤事故ゼロを目標とし、「事故ゼロ運動」の強化を引き続き実施するとともに、各センターの安全対策についての意識を更に高めるような取り組みを徹底していく予定です。

県下センターの過去5年間における事故発生状況

年度 就業中 就業途上 事故総数
件数 うち重篤 件数 うち重篤 件数 うち重篤
平成22年度 37 1 13 2 50 3
平成23年度 29 1 15 0 44 1
平成24年度 27 2 10 0 37 2

平成25年度

28 1 6 0 34 1

平成26年度

19 0 10
1 29 1
注1)事故件数については、10日以上の入院及び死亡について集計しています。
注2)重篤事故とは6カ月以上の入院もしくは死亡の場合をいいます。

第1回 安全・適正就業推進委員会の開催

 平成27年6月22日に開催された第1回兵シ協安全・適正就業推進委員会において、下記のことが決められました。

 その中でも、昨年度から検討を続けてまいりました「損害賠償事故対策」のひとつとして、当委員会より、各センターに「刈払機による除草作業」における損害賠償事故の減少に向けた取組みについての通知を出させていただくこととなりました。

 各センターでは、この通知に基づき、刈払機による除草作業での損害賠償事故を減らす取組みを実践していただきたいと思っております。

平成27年度 第1回兵シ協安全・適正就業推進委員会(H27.6.22開催)での決定事項

・平成27年度安全・適正就業事業計画について

・損害賠償事故の減少に向けた取組みについて

・平成27年度安全パトロール実施計画について

シニアワークプログラム地域事業

高年齢者(55歳以上)の再就職を支援!

  • 平成27年度、39回の技能講習を企画
  • 第1回目は、5月20日~29日(7日間)尼崎で「警備スタッフ講習」を開催
  • 講習最終日には、就職面接会を開催
  • 就職面接会に、警備会社・17社が参加を希望
  • 求人件数85件、求人総数317人の求人票を受講生23名に事前提供
  • 求人倍率13.8倍で、施設警備、交通誘導警備など、希望の求人票が多数
  • 就職面接会開催日に、早速、4名の内定者がでる。その後も内定者が続出!
心肺蘇生法とAED の使用方法を実習
[警備スタッフ講習]心肺蘇生法とAED の使用方法を実習
就職面接会の状況
[警備スタッフ講習]就職面接会の状況

高齢者活躍人材育成事業

高齢者(60歳以上)の派遣就業を支援する講習を開催!

  • ハウスクリーニング
    汚れの落とし方だけでなく、汚れを分析し、道具、洗剤の選び方・使い方を学ぶだけではなく、マナーについても学ぶ講習
  • 送迎(介護)ドライバー
    介護者業務の基礎知識や車いす等、装具の操作方法、また、移動・乗降介助の方法を学び福祉有償運転者として安全運転の実技も取り入れた講習
  • 子育て支援
    女性の社会進出を促進するため、事故のない安全で、子供の発達と健康も意識した遊び方を含め、家事援助サービスを学ぶ講習
  • 事務補助
    パソコンの基本操作とビジネス文書の作成等を学ぶだけでなく、接遇マナー、職場でのコミュニケーション方法等も盛込み、派遣先での業務に対応できる内容と した講習
  • 介護補助
    介護者業務の基礎知識や要介護高齢者とのコミュニケーション、また介護食の献立や調理方法も学び、派遣先での就業に対応した講習
  • 工場・倉庫内軽作業
    安全衛生講習をはじめに行い、工場・倉庫の業務知識を持った専門家に講師として招き、職場でのコミュニケーションもカリキュラムに盛込んだ講習
  • 店舗スタッフ
    クレーム対応や電話の応対の仕方を含めた接客マナーや品出し・陳列作業等の業務を学び、スーパーやホームセンターでの就業を目的とした講習
  • 調理補助
    高齢者の雇用先として多数ある調理場関係で就業する事を目的とし、衛生管理、食に関する知識、食事作りの基本等を学ぶための講習

平成27年度、高齢者活躍人材育成事業の概要

技能講習の回数 29回

技能講習時間数合計 1,484時間

技能講習定員数合計 580人

技能講習開催日程 平成27年7月~平成27年12月

技能講習開催地域 兵庫県全域(開催18市1町)


さらに技能を習得したい方を支援します!


講習を受け、新たな仕事に

就いてみませんか!


就業開拓推進事業の実施状況

高齢者生活サポート、子育て支援サポート研修の開催について

 平成27年度は新分野研修として高齢者生活サポート及び子育て支援サポートの2分野で地域のニーズに応じた内容を企画検討し、知識・技能の向上を図る研修を兵庫県内4地域7会場で実施いたします。

 これら研修を通して一般の方を対象にシルバー人材センターの業務への理解とか体験を深めて頂き、最終的にはシルバー人材センターへの新規入会をして頂くのが開催の目的です。

 主な研修内容として、高齢者生活サポートには、清掃、傾聴サービス等の新分野を取り入れたり、子育て支援サポートは調理実習を含めた家事支援、おもちゃ作りなどの講座も検討中です。

 受講料は無料で、各会場の募集定員は25名~30名。60歳以上で働く意欲があり、研修の全日程に参加できる県内在住の方を対象に順次募集を開始します。

参考画像:平成26年度での各種研修の様子

掃除の基礎知識
掃除の基礎知識
ケガ予防体操
ケガ予防体操
伝承遊び
伝承遊び
傾聴ロールプレイ
傾聴ロールプレイ
心肺蘇生術
心肺蘇生術
調理実習
調理実習

平成27年度 新分野研修開催予定

ブロック 開催地区 研修内容 研修日
阪神ブロック 神戸市 高齢者生活サポート研修
介護予防体操
家事援助における清掃他
8月25日~9月3日(4日間)
尼崎市 高齢者生活サポート研修
研修内容検討中
11月末~開催で検討中(4日間)
芦屋市 高齢者生活サポート研修
傾聴の大切さ
生前整理講座他
8月31日~9月4日(4日間)
東播ブロック 明石市 子育て支援サポート研修
調理実習救急救命講習他
11月4日~11月13日(7日間)
加西市 子育て支援サポート研修
子供たちと遊ぶおもちゃ作り
調理実習他
9月11日~9月17日(4日間)
西播ブロック 姫路市 高齢者生活サポート研修
救急救命講習
調理実習他
12月3日~12月8日(4日間)
但丹ブロック 朝来市

高齢者生活サポート研修

調理実習
車椅子講習他

10月22日~11月12日(4日間)

平成27年度 新分野研修参加者募集チラシ(案)

 研修用のチラシとして次の様な新規デザインのチラシを用意して公共機関などへの配架を含め、広く研修に参加される方を募集する予定です。


シルバーフェスティバル開催について

 本年も下記の通りシルバーフェスティバルを開催する運びとなりました。昨年同様、デュオ神戸での開催となりますが、本年度はシルバー人材センターのイメージアップとなるべく各種イベントの計画と共に県内各シルバー人材センターのご協力を得て今後、具体的な開催に向けての準備を進めてまいります。

 皆様のご参加を心よりお待ちしています。


日時:平成27年11月22日(日)~11月23日(月:勤労感謝の日) 各日10:00~16:00

場所:デュオ神戸内 デュオドーム及び採光ドーム(JR神戸駅地下街 浜側)

事務局長コラム

公益社団法人兵庫県シルバー人材センター協会 専務理事兼事務局長 田中千雄

 

 今回は、ウォーレン バフェットの名言格言から「健康」について考えてみます。

 ご存知のように、ウォーレン・バフェットは1930年、ネブラスカ州オマハ生まれ。アメリカの著名な株式投資家、経営者、慈善家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの最高経営責任者。「オマハの賢人」とも敬愛を込めて呼ばれている。その彼が、健康について語った名言格言をご紹介します。

 「あなたが車を一台持っていて、一生その車にしか乗れないとしよう。当然あなたはその車を大切に扱うだろう。必要以上にオイルを交換したり、慎重な運転を心がけたりするはずだ。

 ここで考えて欲しいのは、あなたが一生に一つの心と一つの体しか持てないということだ。常に心身を鍛練しなさい。けして心身の手入れを怠らないようにしなさい。じっくり時間をかければ、あなたは自らの心を強化することができる。人間の主要資産が自分自身だとすれば、必要なのは心身の維持と強化だ。」

 どうです、極めて当たり前のことを言っています。しかしながら、私達は自分の身体や健康について、この様に考える、あるいは意識することはあまりないのではないでしょうか。

 例えば、適度な運動をしていますか。腹八分を心がけていますか。休肝日を実践していますか。ちょっと風邪気味だけれどといいながら休まずに無理していませんか。本当は病院に受診した方がいいのに忙しいとかいって放ったらかしにしていませんか。年に一度は健康診断を受けていますか。また、健康診断を受け「要精密検査」と言われながら放ったらかしにしていませんか。

 結構当てはまる人がいらっしゃるのではないでしょうか。

 これから夏本番。暑い日が続きます。紫外線も強くなります。寝苦しい日々が続きます。のどが渇いてからではなく、渇く前にこまめに水分をとりましょう。帽子をかぶったり、サングラスをかけたりしましょう。気温や室温にも関心を持ち、エアコンを上手に使いましょう。夏の健康づくりは食生活から、主食・主菜・副菜をそれえて食べましょう。などといった自分でできる防衛策を是非とってみて下さい。一番大切な自分の健康は自分で守りましょう。「そんなの当たり前」という声も聞こえてきそうですが、一度、健康について考えてみて下さい。

編集後記

 公益社団法人兵庫県シルバー人材センター協会の会報誌であるこの「兵シ協だより」は、春号、夏号、秋号、新年号の年4回発行しています。そのうち、夏号と新年号は、このホームページだけでなく印刷物としても発行しておりましたが、今年度は、当協会の大イベントである事業推進大会とシルバーフェスティバルの前後発行の秋号と新年号を印刷物とします。

兵シ協だよりH27年夏号
印刷される場合は、このファイルをお使い下さい。
兵シ協だよりH27夏号for印刷.pdf
PDFファイル 797.3 KB

発行日:平成27年7月1日 発行:公益社団法人兵庫県シルバー人材センター協会

事務局住所:650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通 5-7-18 TEL:078-371-8012

copyright(c) HYOGO SILVER HUMAN RESOURCES CENTER ASSOCIATION All Rights Reserved.